トランプ氏「シリアにミサイル」 軍事行動を示唆の報道。中長期的なリスクになるか?

 

こんばんは。FX歴10年目の管理人です。

本日も管理人が気になった仮想通貨やFXの出来事から見ていきましょう。

 

1・Bitfinexが内部調査をおこない、その結果、ポーランドでのマネロン事件への関与を否定

2・トランプ氏「シリアにミサイル」 軍事行動を示唆

 

1については先日の記事

未確定情報:ビットフィネックスに詐欺関与の疑いが浮上、ポーランド検察が関連口座から4億ユーロ押収http://squall453.com/2018/04/08/57/

の続報になります。記事が英文で翻訳できませんでしたが、これが事実ですと安堵感が広がり中長期的なリスクがひとつなくなったことになりますね。

 

2については、ロシアがシリアのアサド政権を支援していることを批判し「我々とロシアとの関係はいま、冷戦期を含んでも最悪だ」と指摘。

ロイター通信によると、これに対しロシア外務省はフェイスブックに「賢明なミサイルはテロリストに向かうべきだ」と書き込んで反発。

軍事行動が長期化、大規模になったり、各国の関係が悪化すると、株価や為替に影響してくると思われます。仮想通貨に相関性が見られるかは不明ですが…。

 

 

それでは本日のトレードのコーナーです。

 

 

日付が変わってしまったので月次で。本日のエントリーは。740000を上抜けたあと、ひげでダブルトップを形成し、重くなってきた一番左のピンクの丸印あたりで0.1BTCショート。下がらず下ヒゲになったのでほぼ同値でクローズ。

再び真ん中の丸でも0.05BTC売りましたが、ひげになる予想が立ったのでさっさと利食い+5000円幅。3本下ヒゲを揃えたので上目線に切り替え。一番右の丸で0.05BTCロングエントリー。はじめにひげをつけたところでチキン利食い+5000円幅でした。

 

 

最後にFXです。

 

 

本日はノーエントリー。前日からの流れを受けて、ユーロドルは小幅に上昇。含み益も若干減っています。

いずれにしても以前の記事、http://squall453.com/category/fx/page/5/

でも述べましたとおり、現在は4時間足、日足レベルでS1~R1のレンジに入っていますので、どちらかにブレイクする展開待ちですね。

 

それでは明日もがんばりましょう!