2020年 10月17日 ビットコインとユーロドルとポンド円のチャート分析

【ビットコインのチャート分析】

  • 小さなレンジをやや上抜け後、ヨコヨコ。
  • 持ち合いのセンターライン付近9200ドル前後はサポートに。
  • レジスタンスは12350ドル、13200ドル、13850ドル。サポートは8200、9200、9900ドル。
  • 1時間足以下はすべて上昇パーフェクトオーダーも、4時間足は上昇パーフェクトオーダーの形状が崩れるぐらい上値が重い。
  • 戦略は戻り売り。
  • 10%前後は瞬間的に動いても不思議ではないぐらいボラが大きいので注意。

【ユーロドルのチャート分析】

  • 1.1680のレンジ下限をやや下抜け後、小反発してヨコヨコ。
  • 4時間足以下はすべて上昇パーフェクトオーダーだったものが全て崩れたので、売り目線。
  • 週足は上昇パーフェクトオーダーの形状。
  • 1.1610-1.2010のレンジで、12週間近くヨコヨコ。
  • 単純にレンジ下限が変わっただけの可能性もあるので、見極めは慎重に。
  • 1.1610をサポートにして上昇できるかどうか。
  • 11月末はヘッジファンドの決算期。12月はファンドのトレーダーの査定に入らないので例年通りだと11月いっぱいで大きな動きは終わりか。
  • 月足はダブルトップのネック分下落=0.8600~0.8700までの下落を示唆。
  • 先週時点でのIMMのポジションは買い越し168000枚ほど。
  • 戦略は売りホールド。デイトレは買いも優位。

【ポンド円のチャート分析】

  • サポートを割れて大きく下落後、ヨコヨコが続く。
  • 4時間足以下はすべて上昇パーフェクトオーダーになったものが、全て崩れたので売り目線。
  • 日足はヨコヨコ。
  • 142.70円がレジスタンス。目先のレジスタンスは138.30円。サポートを先々週安値。次のサポートが131.76円。
  • 145円は中期的な下落の起点なので、ここを超えるのは大変で、超えた場合は148円、156円を目指す展開に。

それでは今週もがんばりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です