2020年 10月31日 ビットコインとユーロドルとポンド円のチャート分析

【ビットコインのチャート分析】

  • 再び年初来高値を更新。
  • 9800ドルがサポートに。
  • レジスタンスは14080ドルに変更。
  • この上は史上最高値だが、一旦どこかで利食いが入るのでは。
  • すべての足が上昇パーフェクトオーダーなので買い優位。
  • 戦略は上がりすぎは売り、下げ過ぎは買い。

【ユーロドルのチャート分析】

  • 1.1680のレンジ下限をやや下抜け後、小反発してヨコヨコ。
  • 4時間足以下はすべて下降パーフェクトオーダーに。
  • 週足は上昇パーフェクトオーダーの形状。
  • 1.1610-1.2010のレンジで、13週間近くヨコヨコ。
  • 単純にレンジ下限が変わっただけの可能性もあるので、見極めは慎重に。
  • 1.1610をサポートにして上昇できるかどうか。
  • 11月末はヘッジファンドの決算期。12月はファンドのトレーダーの査定に入らないので例年通りだと11月いっぱいで大きな動きは終わりか。
  • 米大統領選挙がどのぐらいの規模でどのぐらいの期間続くか注目。
  • 月足はダブルトップのネック分下落=0.8600~0.8700までの下落を示唆。
  • 先週時点でのIMMのポジションは買い越し155000枚ほど。
  • 戦略は売りホールド。

【ポンド円のチャート分析】

  • サポートを割れて大きく下落後、ヨコヨコが続く。
  • 4時間足以下はすべて上昇パーフェクトオーダーになったものが、全て崩れたので売り目線。
  • 日足はヨコヨコ。
  • 142.70円がレジスタンス。目先のレジスタンスは138.30円。サポートを先々週安値。次のサポートが131.76円。
  • 145円は中期的な下落の起点なので、ここを超えるのは大変で、超えた場合は148円、156円を目指す展開に。
  • 戦略はレジスタンス越えでストップでショートか様子見。

それでは今週もがんばりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です