ビットステーション廃業の報道もビットコイン相場は無関心か?日に日にボラがなくなる展開。

本日昼に、仮想通貨交換の「みなし業者」のビットステーションが廃業との報道が流れました。コインチェックもみなし業者ですが、金融庁の認可がおりないとこのように廃業になります。コインチェックの場合は営業利益は年1000億円あったとされていて、仮想通貨初期からのパイオニア的存在だったと聞きますので、そういった点が買われ、昨日の完全子会社化につながったのかなと思います。XEMの流出さえなければ…といろいろ思うところは皆さんあると思いますが、これからに期待したいと思います。

 

さて、本日のトレードです。寝る前に仕込んでおいたロングポジ0.30BTCですが、起きても動いてなかったのでクローズして二度寝をして、目覚めたら上がっていたというガッカリ展開。珍しく大きく取れそうだったんですけどね。

この場合のロングはほとんどの時間軸で「逆張り」なので、正直エントリー自体ががが…っていう感じですね…。

 

その後もショートカバーを見てもう1段上げを期待して押し目買いを入れてましたが、全然上がらず0-2000円幅の利確損切の繰り返しでした。結局ほぼトントンです。まあロットもほとんどあってないようなものです。経験値積みと、ここぞというときに取れればいいなと思います。

 

 

 

一応昨夜のロングのエントリー理由を書いておきます。上の図はBFFXの4時間足です。昨日レンジがピンクになります。 ↑マークで若干安値更新するも、すぐに上髭陽線を出しさらに数時間もみあってなかなか下がりません。(1時間足で見ていました。)となると次に考えるのはショートカバーです。なのでLエントリーで就寝したのですが、ピンクのレンジ局面ではおとといあたりの80万円台付近から下落しての安値圏のレンジと捉えて、下降バイアスがあるので、上から売って下で買い戻すトレードが順張りだと思います。

その後、ショートカバーで上げてきました。さてこれから展開のシナリオの予測を立てます。

1・ピンクのレンジ上限を超え80万円台を試す。

2・ピンクのレンジ下限を割って70万円台試す

3・ピンクのレンジが続く

4.70万円ー80万円のワイドレンジ(または三角持ち合い)になる。

ざっと4パターン思い浮かびます。それではここからどうトレードに落とし込むのか。

たとえば1の場合ははじめは様子見です。レンジ上限を明確に超えてきたら押し目買い(トレンドフォローで一時的に順張りになります。)

2の場合も1の逆ですね。

 

なので、自分でシナリオを何パターンも想定して

「レンジを上に越えた。あ、これは80万円試しにいくな。じゃあそこまで押し目買いで行こう。」

といった感じにトレードするのが良いかと思います。ただし閑散相場で、こうゆうときはニュースに敏感に反応することもありますので、レバを掛ける場合はストップは入れたほうがいいかなと思います。一例ですが、ピンクのレンジ下限を下に抜けたらストップ候補はレンジ上限を明確に抜けた場所、などがあがると思います。

今回は割愛しましたが、日足週足月足といった大きな時間軸のバイアスを受けているので、チャート分析をするときは必ず大きな時間軸から分析して、どんどん落とし込んでいくのが良いと思います。

それでは明日もがんばりましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です